生花でも造花でもなくプリザーブドの仏花にした理由を聞いてみました

お供えの花にプリザーブドフラワーを選んだ理由

実際に永咲花をご利用頂いているお客様から、何故仏花としてプリザーブドフラワーを選んだのかを直接伺った際に、特に多く上がっていた理由を紹介したいと思います。

手入れが不要だから楽

この理由がとにかく圧倒的に多かったですね。
特に高温多湿となる夏場は水が腐りやすく、1〜2日で花が萎れてしまうこともありますから、プリザーブドフラワーが活躍します。
枯れた状態で飾っておくのは見栄えが悪いですし、特に自宅に人が集まるお盆の時期などは普段よりもっと気をつけなければなりません。
近所の花屋さんでこまめに買い換えればいいのでしょうが、そのためだけに出かけるのは大変ですし、高齢の方ならなおさらです。
この「手入れが楽」という理由がとにかく圧倒的に多かったです。
ちなみに造花だとやっぱり安っぽさが出てしまうため、多少値は張ってもプリザーブドフラワーを選ぶというお客様が増えているのを実感しています。

今後さらに需要が増えるプリザーブド仏花

去年夏の朝日新聞デジタルでも「プリザーブド仏花に注文殺到!」という記事で取り上げられたように、年々その市場規模が大きくなっているプリザーブドの仏花。
今でも「プリザーブドフラワー=バラ」というイメージをお持ちの方は多いですし、それ以前にプリザーブドフラワーの存在を知らない方も大勢いますが、プリザーブドフラワーの各メーカーでは日々様々な商品開発が行なわれていて、フラワーだけでなくグリーンも含めここ数年でかなりの品種が増えました。
それによってプリザーブドフラワーで作れるアレンジメントの幅も大きく広がってきています。
しっかりとアンテナを貼ってお客様のご要望を常に真剣に考えながら、絶えず新商品を出し続けている永咲花では、他の店舗で扱ってないような桜やひまわり、プルメリアといった花も仏花アレンジメントに積極的に取り入れています。
これからもプリザーブド仏花の専門店として期待に応えていけるようがんばりますので、どうぞ変わらぬお付き合いを宜しくお願い致します!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。