仏花によく使われている花〜カーネーション〜

カーネーションの歴史

地中海沿岸から西アジアの原産で、
歴史は古く古代ギリシア時代にはすでに栽培されていたのです。
16世紀から現代にかけて品種改良がされてきました。
様々な色彩、八重咲きや大輪、スプレータイプやポットカーネーションなど種類も豊富なのです。
日本には、正保年間にオランダから入ってきたと言われてます。
またカーネーションは母の日の定番の花としても親しまれていますね(*^^*)

仏花に使われる意味

豊富な色彩、四季咲、長持ちするなどの理由から仏花に使われますが、
花言葉にも意味が込められています。

色別の花言葉

母への愛
ピンク 感謝 美しい仕草 暖かい心
純粋な愛 尊敬
黄色 軽蔑 美 友情
誇り 気品

このように色別に意味があるのです。
送る相手によって選ぶのもよいかと思います。

psyh-0223

永咲花のカーネーション

永咲花では信頼あるプリザーブドブランド、フロールエバーのカーネーションを使用してます。
そしてカーネーションは、永咲花の仏花のほぼ全てのアレンジに使われてるのです(*^^*)

カーネーションを使った仏花一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。