どっちを選ぶ?生花とプリザーブドフラワーを比較してみましょう

生花と比較すると?

はじめに、、、、
プリザーブドフラワーももともとは生花です。造花ではありません。
さて、花を送る時に生花が良いのか、プリザーブドフラワーにしようか迷いませんか?
生花とプリザーブドフラワーを比較することで、贈る相手や場面に適した花選びをおすすめしたいと思います。

保存期間

生花は長くても1ヶ月位が限界ですね。夏場は数日で枯れてしまします。
プリザーブドフラワーなら保存状態が良ければ数年持ちますよ。

カラーバリエーション

生花は同じ花でもその花の持つ独特の色合いや風合いが味になりますが、プリザーブドフラワーでは様々な色で着色出来るので、生花には無いカラーの花があり魅力的です。

花粉

生花には花粉がありますので服についたりすると落ちにくいのが難点ですが、プリザーブドフラワーは花粉がありません。アレルギーの方や病院の御見舞などには良さそうですね。

水やり

生花は頻繁に水を変えたり茎の切り口を切ったりして長持ちさせますが、プリザーブドフラワーは一切水やりは不要です。
花に詳しくない人や、忙しい人にはおすすめです。

価格

生花は価格が安定しているので、予算が立てやすいですね。
プリザーブドフラワーは価格が高めなので高級品なイメージがあります。

サイズ

同じ値段のアレンジメントを比較すると、花1本の単価に違いがあるためプリザーブドフラワーの方が小さく感じます。

花を贈る、、、気持ちを伝えるということ。
永咲花は皆様の心を伝えるお手伝いをしていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。